一般財団法人歌川門人会 ホーム ホーム
デザイン浮世絵

 

デザイン豊国
初代会長・五井野正氏(ロシア芸術アカデミー名誉アカデミシャン)はそれまでの既成概念を大きく変え、歌川派浮世絵をヨーロッパの文化に影響を与えた美術品として再評価し、国貞(三代豊国)の芸術性にいち早く着目、それまでの美人画、風景画、役者絵といった浮世絵の既成ジャンルに「デザイン豊国」という新しいジャンルを確立しました。

小画像をクリックすると拡大画面が現れます

 

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11

12

13

14