一般財団法人歌川門人会 ホーム ホーム
ゴッホの浮世絵コレクション

 

歌川派門人会によって未完成の浮世絵を完全な形に再現

 

歌川派門人会では、ゴッホの集めた未完成の浮世絵を江戸時代の浮世絵で再現しました。

歌川派門人会ではゴッホが集めた浮世絵と同一絵柄のオリジナルに、欠けていた絵柄部分を補足した貴重なゴッホの浮世絵コレクションを「ゴッホが愛した歌川派(浮世絵)美術館」で世界で唯一展示しています。

ゴッホの浮世絵コレクションをテーマ別に見ると80点以上が源氏物語を題材とした源氏絵を中心とした浮世絵で、中でも65点は3枚1組の絵柄と断定できますが、ゴッホコレクションの場合、3枚の内1枚もしくは2枚が欠けていました。しかし、平成2年8月に浮世絵研究者や浮世絵愛好家、画家が集まり結成された文化団体・歌川派門人会がゴッホの集めた浮世絵コレクションを研究調査し、欠けていた絵柄部分を補足する事に世界で初めて成功しました。これらの研究成果は、国内外の美術館等で発表され、TVや新聞で大きく取り上げられました。

梅つぼの方
 
ゴッホ浮世絵コレクション229.230
特に、源氏絵の「梅つぼの方」はゴッホ美術館ではカタログ№229と230という違う作品として分類してありましたが、同一版木による同じ三枚続きの浮世 絵を発見し同一作品であることを確認しました。
また、ゴッホの浮世絵コレクションの絵柄が補足されたニュースは平成5年に読売新聞他全国の新聞でで大きく取り上げられました。
うめつぼ読売新聞
読売新聞